「絶対結婚したい派」は5%しかいない!? 女性のリアルな結婚・恋愛観

恋をしている若い夫婦。結婚式の写真。恋をしている夫婦の花びら
出典: shutterstock

日本に婚姻制度が成立したのは1898(明治31)年です。古風な考えであれば「結婚は女性の幸せ」だったのですが、今は多様化の時代に突入しました。

結婚=幸せのカタチではなくなりつつあります。では、新しい時代を生きる女性の恋愛観・結婚観はどう変化しているのでしょう。

株式会社エイブルホールディングスが、「ひとり暮らし/実家暮らし女性が考える結婚・恋愛観」についてアンケートを実施、その結果を発表したのでご報告します。

結婚は人生の選択肢のひとつにすぎない

(1)現在の恋愛状況を教えてください。(出典:PRTIMES)
(有効回答数 1,554件 実家暮らし:215名、賃貸暮らし:1,339名)

現在恋人がいる:34.5%
現在はいないが過去に婚約者または恋人がいた:43.8%
交際経験はない:14.4%
現在婚約者がいる:2.5%

住まい別で比較すると、現在恋人はいないが、過去に婚約者または恋人がいたと回答した方は、ひとり暮らし女性の方が1割ほど多い結果。
出典:PRTIMES

現在フリーの方が半数以上を占める結果であることがわかります。

仕事にやりがいを見出す女性、友達や趣味の時間を大切にする女性も多く、あえて恋人を作らず、自分の時間を大切にしている女性も多いということではないでしょうか。本業以外の仕事に挑戦している人も多いのかもしれませんね。

では、今後についてはどう考えているのでしょうか。

(2)今後の人生において「結婚」「同棲」「恋人」の必要性について(出典:PRTIMES)
(有効回答数 1,531件 実家暮らし:210件、賃貸暮らし:1,321件)

最も多かった回答は「結婚・同棲・恋人は必ずしも必要ではない(全体回答43%)」、次いで「妥当な人がいれば、結婚はした方が良い(全体回答38%)」となり、今後の人生で「必ず結婚したい、結婚するべき」と回答した方はわずか5%ということが明らかに。
出典:PRTIMES

結婚意識が最も高いのは10代(9.0%)で、20代・40代ではやや結婚への意識が下がる傾向になっているとのこと。人生の経験値が増え、自分のライフスタイルが確立されるほどに結婚への意識が下がっているように感じます。

結婚意識が低い人は、なぜ結婚が必要ないと思っているのでしょうか? 結婚が必要だと思っている人の意見とともに確認しましょう。

結婚が必要ないと思う理由(出典:PRTIMES)
・一人が気楽、一人の時間が好き。
・相手の親族と家族などとの付き合いが面倒。
・他人と一緒に暮らすのが嫌だ。自信がない。

結婚が必要だと思う理由(出典:PRTIMES)
・子どもが欲しい。
・老後の不安、寂しい老後を送りたくない。
・親からのプレッシャーがある(親に孫を見せてあげたい)
出典:PRTIMES

それぞれの時間や暮らし方を尊重し適度な距離感でパートナーと過ごしたい、また自分自身の時間も大切にしたいという女性も多く、個人の生き方・暮らし方が多様化し、結婚=幸せではなく結婚は人生の選択肢の一つになりつつあるようです。

自分なりの生き方や幸せを見つけていきたいものですね。

※出典:PRTIMES(株式会社エイブル&パートナーズ)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000016136.html

画像:(C)pha88/shutterstock

LINEで送る