パパモードスイッチオンは一体いつ⁉︎きっかけはあるの?

家のベッドで寝ている赤ちゃんを見ている幸せな両親の接写
出典: shutterstock

女性は妊娠すると心と身体の変化を感じながら母親となる準備ができてきます。しかし、男性は「妊娠したよ」と聞いただけだったり、生まれて来る日を楽しみにしているけれども、パパになる実感や自覚を「頭では理解しているけれど心が追いつかない」という場合もあるでしょう。

では、いつになったらパパモードに突入するのか⁉︎ 今回、ピジョン株式会社が「ママ・パパの育児に対する意識調査」を実施しその結果が発表になったのでお届けします。

パパモードのスイッチが入るきっかけとは⁉︎

(1)ママモード/パパモードになったのはいつ頃ですか?
※出産・育児に対する当事者としての責任意識がある状態

最も多い回答はママ・パパ共に“赤ちゃんが生まれた直後”(25.5%)
次に多かったのがママは妊娠3ヵ月以前(21.8%)、妊娠4~5ヵ月(17.8%)の妊娠初期
パパは妊娠8ヵ月~産前までという回答が23.8%でした。
出典:PRTIMES

ママモード”が芽生える傾向にあるママと比較すると、”パパモード”が芽生えるのが遅いということが読み取れます。
出典:PRTIMES

多くのママはプレママのときからパパにも生まれてくる子どもに対する準備をしてほしいとの声が上がっています。しかし、父親が育児に対する準備をするのは難しいとの声が38.6%のパパから上がっており、プレママ/パパ期の育児準備にギャップがあることが判明しているとのことです。

(2)ママモード/パパモードになったきっかけは?
※出産・育児に対する当事者としての責任意識がある状態

生まれた子どもを見たとき(ママ74.9%、パパ63.8%)が一番多い回答となっています。他にも「夫婦で子育てについて話し合ったこと」がきっかけになる場合も。

「夫婦で子育てについて話し合う」ことが現実として「目の前にある事実」ということがパパモードに入るきっかけにもなりうるようです。

さらに、出産・育児のアイテムなどの購入もパパモードのスイッチを入れるきっかけにもなるようです。

移動・お出かけ用品(ベビーカー・バギー)の購入を検討する時期が「パパモード」になる時期と一致するとのこと。出産を控えているプレママはパパと一緒に「ベビーカー選び」をしてパパモードのスイッチを刺激するのもありですね。

調査概要

調査対象者:全国に住む0~1才の子どもを持つ20-40代のママ400人・パパ400人
調査日:2020年8月6日~7日
調査手法:楽天インサイトパネルによるWEBアンケート調査
出典:PRTIMES

※出典:PRTIMES(ピジョン株式会社)

画像:(C)Antonio Guillem/shutterstock

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000048454.html

LINEで送る