理想の暮らしが実現できる⁉︎“究極のおうち時間”のヒントが満載「暮らしが整う家づくり」

幼い両親がソファでくつろいでいる間に床で一緒に絵を描いて遊ぶ子どもの妹と弟、楽しい少女の子、兄弟の友情、居間での家族の余暇
出典: shutterstock

憧れのマイホームを購入しようか検討中の方、計画的に貯蓄をしてマイホームに近づいている方、いつかはほしい新築一戸建てに夢が広がりますよね。今回は、憧れのマイホームで究極のおうち時間が過ごせそうな1冊をご紹介します。

理想の暮らしは具体的に!

大和書房から「暮らしが整う家づくり」が2021年1月24日(日)発売になりました。居心地のいい家でくつろぎたいとストレスを抱えていた主婦がブログに綴った「家を建てる」というリアルな実情をまとめた1冊です。

著者にとって理想の暮らしとは? どんな暮らしがしたいのか? くつろぎの時間を過ごせる家とは? 著者はこれまでの暮らしと理想とする暮らしに向き合って具体化することから始めたとのこと。

気がつけばリビングには物が増えていたり、キッチンも物が置きっぱなしになったりしていませんか? すっきり片付く家にしたいのに、気持ちのいい台所を維持するにはどうしたらいいのか。

これから家を建てようと考えている人、収納などで悩んでいる人にヒントやアイデアになりそうな内容てんこ盛りです。気になる人はチェックしてくださいね。

書籍概要

書名:暮らしが整う家づくり
これまでとこれからの暮らしに向き合って家を建てました
著者:山内彩子
定価:1,700円(税別)
出典:PRTIMES

大和書房:http://www.daiwashobo.co.jp/book/b528720.html

画像:fizkes/shutterstock

※出典:PRTIMES(株式会社大和書房)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000226.000033602.html

LINEで送る