体外受精や帝王切開ってどんな出産?感動の絵本「ふたりの宝物」が全ページ無料公開

「医療の力を借りた出産」がテーマの絵本『ふたりの宝物』
出典: @Press

「医療行為を伴う出産」がテーマになっている「ふたりの宝物」を医療法人浅田レディースクリニックが2020年4月23日に刊行します。発売記念として、2020年4月23日より6月30日までの期間限定で、全文をWebで無料公開します。

医療の力を借りて出産するということ

「妊娠・出産」にはいろんな形があります。自然妊娠、自然分娩だけでなく、医療行為を行う、不妊治療、体外受精や帝王切開などもあります。

誰もが自然妊娠を当たり前のように望むでしょう。ですが、努力してもできないのであれば医療の力を借りようとするのは自然の流れだと思います。

しかし、中には医療の力を借りて妊娠・出産したことをネガティブに捉える人がいることも確か。その現状に後ろめたさを感じているママも存在します。

医療の力を借りても、赤ちゃんが生まれるまでにママ達はお腹の中で、大切に子ども達を育ててくれます。そこには、大変な努力もあるはず。ママ達は、命がけで子ども達を守っています。

絵本「ふたりの宝物」は「医療の力を借りて妊娠・出産することは普通であること」を理解してもらえるよう支援・啓蒙しています。親子で一緒に、子ども達の読み聞かせにおすすめです。

絵本「ふたりの宝物」概要

価格: 1,500円(税抜)

発売日: 2020年4月23日

監修: 医療法人浅田レディースクリニック 理事長 浅田義正

出典:@Press

Amazon予約アドレス: https://www.amazon.co.jp/dp/4866932171/

無料公開WEB URL  : https://ivf-asada.jp/media/2020/03/post-15.html

出典:https://www.atpress.ne.jp/news/209414

 

LINEで送る