【プロ直伝】お家で簡単!「ハロウィン寝相アート」のコツ3つ

source:https://andmama.media/

来週はハロウィンですね。ここ数年は、テーマパークや街中でもハロウィンは一大イベントとなっており、ママ達の間でも大きなイベントとして楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

中には、ママ友とおうちでハロウィンパーティを計画されている方もいるでしょう。

今回は、“おうちハロウィン”を十分に楽しむコツとして、楽天市場開催主催「楽天市場ハロウィン寝相アート共同開発新商品発表会」で教わった、プロフォトグラファー直伝のハロウィン寝相アートの撮影アイディアとコツをレポートします!

 

プロフォトグラファーによる「寝相アート」レッスンに潜入!

source:https://andmama.media/

教えてくれたのは、年間4,000人以上のお子さんを撮影しているプロカメラマンの日高涼子さん。

source:https://andmama.media/

お子さんをお持ちのママなら、一度は聞いたことのあるかもしれない『キッズ時計』のプロのフォトグラファーです。

今回はスマホやデジタル一眼などで撮影し、そのままSNSにアップすることを前提に色々なテクニックを教えていただきましたのでご紹介します。

 

プロに聞いてやってみた!「SNS映えする寝相アート」のポイント3つ

(1)余計なものを写さない

source:https://www.andmama.media

家で撮影する時、ソファなどの家具やテレビなどの家電が写真に写りこんでしまうと、一気に生活感がでてしまいます。

そうならないために、壁紙が統一された場所で撮ったり、カーペットやマットなどの上で撮影したりするのがポイントだそう!

この際、カーペットやマットなどは柄物ではなく、白やグリーンといった無地単色がオススメ。

背景に余計なものが写らないように気を付けてくださいね。

 

(2)セット小物の選び方

source:https://www.andmama.media

テーマ(ハロウィン、クリスマス、誕生日など)を決める。テーマは1つに絞りましょう。

次に、色使い(淡い、ポップなど)を決めます。その色使いに合わせてアイテムを決めると良いそう。

中でも反対色のチョイスやコントラストの強い色調は写真映えするそうですよ!

色調が強いものは目線を引くことが出来るので、そういったアイテムを上手く使ってみて♪

 

(3)セットの配置決め、光の当て方に注目

source:https://www.andmama.media

真ん中に撮りたい“主体”を置き、次に隙間をなるべくなくして写真を“濃縮”させます。

この際、顔まわりに明るめのものをもってくるのがポイントなんだとか!

小さなお子さんならではの、薄くてすべすべの肌は自然光で撮影するのが一番キレイなんだそうです。窓際や、自然光が入るお部屋などで撮影するのことをオススメですよ。

 

いかがでしたか?

小さい子どもならではの“オムツ姿”で撮るのも可愛くてオススメですが、せっかくならハロウィンに向けて、コスプレ衣装で楽しく撮影したい! というママも多いのではないでしょうか?

ぜひ、お家で気軽に写真に残せる“寝相アート”でハロウィンを楽しんでくださいね!

 

(2017年9月30日の記事を再掲載・公開しています)

【参考・画像】
楽天ママ割
※ キッズ時計
※ 著者撮影

【関連記事】

人気スタイリストがコーディネート♡キッズ「UNIQLOハロウィンコーデ」が可愛すぎ!

ミニオンからウォーリーまで!プチプラ「ハロウィン親子リンクコスプレ」

ママも大好き!女の子に人気の「ハロウィンキャラクターコスプレ」6選

※ 子どものため、未来のため。安全安心とともにママができることとは?[PR]

※ ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

※ お風呂でできる!美容師直伝「頭皮マッサージ」[PR]

&Mama 月齢カレンダー

◆ &Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る